menu | archive | admin
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
泣きそうだぜ 
智くんが日経エンタの表紙にのっけていただく日がくるなんて(6月号)
嵐さんのときも嬉しかったのにまたこんな日がくるなんて。

先生泣いてもいいですか。

神様仏様大野智様、どうか表紙撮影の日にぜっこうちょうのビジュアルを持ってきていただけるよう心からお願いします。
いや、いいけど! ぜいたくは言わないけど!
できることなら男前ならありがたいなと!


さきほどロンブーさんの特番で「嵐の大野くん」なんて名前が出てきて茶を噴くかと思いました。
検索ワードからタレント名を当てる? みたいなクイズでして、最初のワードが出たとき「ん?」て思ったけど、いやまさかだって他局みたいな。
そしたらフジモン当ててくれてギャーーーみたいな。
あそう! フジモンそれ知っててくれた! みたいな。
他局なのにありがとうTBSさん! みたいな。
ていうかふたつめの検索ワードそれ検索してどうなるっ? みたいな。
「釣りね」って誰かつぶやいたよ浸透しすぎだよみたいな。
なんかもうようわかりませんがひとり盛り上がった気持ちをぶつけたかったのでした。


なんでしょうこのエントリ。
失礼しましたー。
スポンサーサイト
つっかもうぜ(@ぴあ) 
あれだ。
美白っていうのは2011年の目標だ(@いいとも)

いい天気だったんだね。


『Bi-weekly ぴあ関西版』

・載ってるの知らなくて、本屋さんで表紙の「嵐&赤西仁」の文字見てぎょーてんしました。
 ほんとうっかりできない…。

・若干1名、わかりやすくカチンコで左目隠してらっしゃいます。
 その後も決して左目の映らない微妙な写真が続きます若干1名。
 最後のページもこれはこれでよかったのか若干1名。
 ちょっと眼科に寄っていきたいコンディションでもお仕事はいろいろあるんですよね。
 体調気をつけていただきたい。
 2010年は健康第一。

・テキストが面白くて面白くて、体調悪かったんですけど元気になったかもと思っちゃうほど笑いました。
 次の5人主演ドラマを嵐さん本人たちが企画する誌上会議の模様なんですけど、ただの男子の会話なんですもん(笑)

・タイムスリップ系と話がまとまったところで、大野さんの口から飛び出した『ターミネーター』のタイトル。
 誰がターミネーターやる!? な相葉ちゃんが乗り気でウケた。
 ひとりひとり想像してみましたが、わたしはダントツで

翔さんを推します。

 次点は潤くんと智くん。

・すごく好きなのに『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を噛む相葉ちゃん。

・ハッピーエンドがいいという相葉ちゃん。

・そんな相葉ちゃんが大好きです。

・エンディングはお葬式だ霊界だとひとりで迷走する翔さんの案を

潤くんが拒否。

 笑った…消えそうな声ででもざっくりと否定したんだぜきっと。

・タイムスリップも恋愛もアクションも歌も踊りも盛り込んでいこうという方向にさらに迷走していく企画会議。
 あれだ! どうしても5人でミュージカルやりたいんだ。
 ディズニー×嵐ではなく

ディズニーっぽい嵐。

 おなかちぎれる。

・オカマキャラの封印をまず約束。

・タイムマシーンを発明する博士役を与えられた智くんが、他の4人は未来か過去に行くんでしょと言うと、
 「リーダーも一緒に行っちゃうんだよ」

5人で嵐。

・結局博士とかではなく大野智さん本人が何かの拍子にタイムマシーンを完成させ、みんなを乗せたら戻れなくなったという設定に。
 大野智さんメンバーに謝罪。

・数字を取りにいこうとする櫻井さん、大人。

・メンバーとの最初の出会いについて盛り上がり始める5人。

・結末まで話が進んだ段階で相葉ちゃんまさかの

タイムスリップ否定。

 おなかちぎれる。

・軽く同意気味の智くん。天然コンビの絆。

・にのちゃんのツッコミに激しく同意。
 相葉ちゃんの思う方向性は『松坂大輔物語』だそうですが

『松坂大輔物語』ってなに!?

・タイムスリップ設定が相葉さんによって覆され、メンバーの生い立ちから嵐になるまでを追う成長物語に大きく変更。
 誕生から中学生ぐらいまでを追うという相葉さん案に、

年齢的に出演が困難

 という大問題に行き当たる嵐さん。
 結果、潤くんのスマートな軌道修正によって、タイムスリップ設定復活。

・タイムスリップ先から現在に戻る方法を考えた挙句、

球を7つ集めてみることに。

 もうここからただの男子の会話。
 ドラゴンボール世代の男子の会話。

・ハッピーエンドにはなったものの、なにも残らないという着地点を見出した男子たち。

・コンサートの打ち合わせ=カレー。

・つっかもうぜ♪ なんとなくボール♪
 笑った…っ!
 最初の迷走がうそのように絶好調櫻井翔。

・せめてタイトルは真剣に考えましょうと言われる真剣だったはずの企画会議。

・真剣に考えた結果タイトルは『なんとなくボール』。

・視聴率が取れると断言するグループのリーダー。

・翔ちゃんのパクリのボーダーがわからない。

・どんな設定もなんとなくクリアしていく会議の展開に、
 「スゴイね、

なんでもできる!」

・ひとりひとりの設定も詰める。
 なにやってる大野さんが見たいかなぁ? な翔ちゃんがかわいい。

・”なんとなくレーダー”!
 ブルマが作るんだ!

・翔ちゃんまさかの子作り。

手違いで

 ひとり江戸時代に飛ばされる潤くん。

・あらゆる球技を極めながら球を探すにのちゃんが最高に面白いと思います。

・キャッチコピーも球推し。大笑い。
 翔ちゃん良かった。輝いてた。テキストだけど。

・グラビアもみんなかわいい。
 ひとり無理矢理左目隠してるひとが残念でならないけど。
 …治ってよかった!

・ああ面白かった。
 ずーっとこんな普通の男子たちでいてほしい。
 ドラゴンボール、青春だよね!

・いつかこうやって、コンサート以外にも5人で企画して作れるものができればいいね。
リーダーと潤くん(@自身とか) 
冬休みも残り僅かだよおかーさーーん!!

子供のペース<自分のペースな日々が帰ってくるはず。
しかし夫のペースというものも存在するので(平日が休み)…ね。

本屋さんにも長居できないので雑誌チェックが思う存分できないのがつらいです。
今度今度とか思ってるうちに週刊のやつとかはすぐ売り切れちゃうんだよー。

今日はスーパーで『女性自身』をパラララ…と見てきましたが、

リーダーを甘やかす潤くん

が大好物なわたし的には良い写真チョイスでした。
いや実際何してるのか知りませんけど、きっと身なりを整えてあげてるんだと脳内で補完しておきます。
勝手ですがなにか。
やまっこがただ並んで走ってるだけの写真も好きでした。
やまっこに関してはただ並んで走っているだけでもだいじょうぶです。


そして早売りのアイドル誌があったので(もう発売時期かーー)嵐さんを探してパラパラめくっていったところ、でゅえっとのまつもとおおのにドキドキし、いや、でもそんな雑誌ばっか買えないしな…とさらにパラパラしていたところ、BACKSTAGEのページの悪ふざけに行き当たり、やらかした最年長よりも、

顔色ひとつ変えない最年少

がつぼにはまりました。
他のどれだかにもわたし的にいいやつがありましてね、智くんが撮った潤くんの写真とか智くんを見上げる潤くんの視線とか、必ず再度チェックに行く。
なんだか今日は良い年長年少コンビの日でした。いい日でした。

年末年始の番組も雑誌もたまりゆく一方です。
昨日HDDの残量が0時間48分になっていて血の気が引きました。
深夜から明日のめざましのために編集を始める情けなさ。
明日はいいとも(翔さん)ですか? また編集ですか?
感想文も書きたい。
とにかく、

冬休みも残り僅かです。
たまに出るやつ(@女性自身) 
スペシャルムービー3つ目、見ました~~。
にのみやカメラが映したかわいすぎるツーショット万歳!
もういっかいやろうよリーダー、な潤くんかわいくてしょうがない…。
末っ子め!
そのときの、向こう側のにのちゃんの表情も好き。
「どんなときでも」のとこの智くんの顔、オフだなあ。
なんだか無性に嵐さんが愛しいよ。
今後も自分なりの溺愛嵐道を歩き続けていこうと思います。


『女性自身』 12月8日号

・表紙。嵐さん表紙。
 巻きものの代名詞のようになってきたにのみや氏。
 なんの違和感もないす。
 智くんの場合にたまに感じる巻かれてる感がまったくないの。ない。すごい。

・座談会2ページの左側、表紙撮影中の1コマらしき写真、

おい、やまっこ!

 ふたりしてどこ見てるんだやまっこ!
 なにがどうなって手がそうなるんだやまっこ!
 違和感はないのかやまっこ!
 まとめてかわいいよやまっこ!

 いやあ、たまに出る翔さんのガッツリ抱きですね。
 ぎこちなく肩に手乗っけてみたりするくせに、たまにやたらガッツリいっちゃうとこ嫌いじゃないむしろ好き、どんだけかわいいさくらいしょう27歳キャスター。
 今後もにのみやさんの隙を見てガッツリふたりの世界をつくり上げてしまえばいい。
 ふぁいと!

・それにしても収録中写真、ツーショットを並べてくる女性自身さんたらわかってる。

・大野さん薄いな。

・座談会。あいかわらずニュータイプのリーダーが自慢でしょうがないらしき年少組。

・10周年は、

盛り上がりすぎちゃった。

 智くん談(笑)
 確かに確かに、びっくりするほど華やかに祝ってもらえた10周年だったね。

・そう、11年目。
 それが今からすごく楽しみ。

・そして、最後はリーダーのありがたいお言葉
 「いいんじゃない」
 これが、嵐さんの背中をいつもゆる~りと押すんだね。

・国立グラビア、相葉ちゃんが智くんをぎゅってしてるとこの写真があった~。
 小さいけども、相葉ちゃんの表情がわかる。
 相葉ちゃん、

好きだ…。

 いつも素直な言葉でリーダーを褒めてくれる相葉ちゃん。
 リーダーはやっぱりリーダーなんだよと、頼りにしてるよと、言ってくれる相葉ちゃん。
 なんだか無性に、ありがとう、相葉ちゃん。
 ありがとうって言いたくなるひと。

・ライブの写真って、とにかく潤くんが本気で楽しそうで、相葉ちゃんがキラキラしてる。
 いつもそのふたつの感想は必ず持ちます。
 そして、自分智くんにぞっこんだな! と毎回思います。


ネプリーグ、楽しみだなあ!
放送日聞いて、さすがにそこはローカル枠使わないよね…? と期待しています。
ネプリーグSPは、関西ではしょっちゅう縮小されるのだ!
何事もなかったかのように1時間番組としてお送りされたりするのだ!
なんせレギュラーは日曜日のお昼にひっそりお送りされているのだ!
でも実はうちの子は月曜7時ローカル枠で放送されているチュートリアルさんの番組が大好きだったりするのだ…。

Eye-Ai届きましたー。
記念にと思ってついつい買っちゃった…。
最近なんでも「記念に」で済ませてしまっている気が(汗)
自分に言い訳してます。
Eye-Ai、白黒の健太がいます。

さー、明日っからもまたがんばろうー!
嵐さんにいっぱいしあわせをもらうので、またがんばろうって思えるしあわせな日々。
さとしとわんこ(@女性自身) 
じょ、じょせいじしん…!!


週刊誌なんてほんと他のページなんの役にも立たないんだけどでも買っちゃう…!!
2ページのために…(いいのそれで。でも表紙だし)


さとし×わんこってどうしてこんな素敵なことになるんでしょう。
智くんのお膝ってどんだけ居心地がいいんでしょう。

more... »

あぐら(@日経エンタ!) 
買って帰ってから、暇さえあれば開いています。


『日経エンタテインメント!』 2009.11

うまく説明できませんが(しようとして挫折しました)、これはすごくうれしかったです。
智くんをたくさんの取材対象になりうるひとの中からピックアップして、智くんの話を聞いて、4ページにわたって掲載してくれた日経エンタさんに大きな感謝。
そのうえこの取材時にビジュアルが絶好調だったという奇跡に乾杯。

あんな美人さんいない。


・表紙に2ヵ所も名前がある!

・密かにナイナイさん記事も楽しく読みました。
 相葉ちゃんのぴあでしたか、ナイナイさん一問一答ほんと面白かった。
 あいかわらず大人な矢部さんと子供な岡村さんで。
 矢部さんの包容力どんだけ。
 今後も岡村さんを包み込んでいってあげていただきたい。

・智くん4ページ!
 「大野智」の「智」のとことかあしらわれている色が水色。
 それだけでなんか編集さんの愛を勝手に感じてみる。
 偶然かもしれないけど(;^ω^A

・とにもかくにもまずこの美人さんは誰ですかと!
 顔がお仕事モードやーー(人T∀T)(もしくは絵?)
 体重増が顔に出るのは飲みすぎたときですと本人がおっしゃっておりましたので、恐らく近辺に宴会はなかったものと。よかった! おめでとうありがとう!
 顔の色に関してはもう慣らされすぎてよくわかりませんが、おでこのほくろがしっかり写ってるし、メイクで変な色にもなっていないのでわたし的にはなんの問題もありません。
 どのカットもはずれなしという奇跡のみなさん↓
 1.全身さとし(美人さんいらっしゃーーい)
 2.正面口半開き顔(顔立ちの綺麗さが半端ないんですけど?)
 3.上向いてイーッ(喉仏と耳)
 4.にっこし笑顔(かわいいかわいいかわいい)
 5.ちょっと真面目顔(耳たぶにかかる髪の毛すら好きじゃ)
 6.あぐら(にじみ出ちゃう、出ちゃうよね)
 7.ガオーッ(好きすぎる、好きすぎるこの生き物)

・特に6.あぐらに関しては、あかんあかんあかん! とうっかり慌ててしまったくらいツボでした。
 なんでしょうこの

いろっぽさと男っぽさの同居具合。

 日本語になっていませんが。
 これ本人は狙ってないんだろうなーっていうところが怖いですね、怖いです。
 だめだめだめにじみ出ちゃうからいろんなものが!
 気をつけて大野さん!

・と言いつつ全身写真の無防備具合も正面の顔も上向いてるやつも、あ、言い出したら結局全部になってしまうっ!

・最後にガオーッで決めてくるところが好きすぎるなと。

・あとVネックはいいですね。いい。いいな。

・いいかげんにしてテキスト感想へ。
 「日本一控え目なリーダー」って…そのものやなあ…。
 まわりのひとに違うよほんとはすごいんだよって知ってほしくなることもあるけど、でも、こういうひとだったからこそああいう5人横並びのグループができたんですよね。
 ほんとはすごいっていうのは、4人がちゃんと知っててくれるんですね。

・号泣の定義がよくわからなくなってきました。

・「嵐サウンド」は5人で作り上げてこそっていうのはしっかりわかってるけど、でも、やっぱり智くんが占めてきた役割のことをファン以外のひとがわかってくれてると嬉しくなってしまいます。
 ほんとに最近(ライブで聴いたからですけど)ますます智くんの歌にやられてしまっております。好きすぎる…。

・あらためて、

「とりあえず踊っちゃって」

「とりあえず歌っちゃって」

 このふたつを日本の未来を変えた名言に指定したい。

・やめさせなかった社長に感謝。
 流されてくれた若かりし智くんに感謝。
 出会えてよかった。ほんとーによかった。

・ハワイでポカンとしていたマイナスイオンコンビ。
 泣ける。

・にのちゃんとトイレで練った脱退計画。
 トイレっていうのがリアルですな。

・自己紹介ザワザワ事件の話はどこで何度聞いてもつらい…。
 智くんも、智くんのファンの方もつらかっただろうなあ。
 これが智くんの気持ちを前向きにさせたきっかけだったとしたら、なんて酷なと思います。
 ファーストコンサートで、智くんのうちわで智くんをほっとさせてあげてくださったファンの方々、泣ける。
 もしかしてその方たちがあの日の国立にいたとしたら…
 だめだ泣ける…(ΩДΩ)

・FREESTYLE。
 手を貸してくれたアートのプロの方たちに対して自分なんかが趣味で書いてきたものを…とか、本心はどう思ってるんだろうとか、そういうふうに思ってたってところがちゃんと普通の感覚でほっとする。
 舞い上がってないし、地に足がついてるところ。
 変わらないですねえリーダー。

・そしてそんなプロの方たちが、FREESTYLEを楽しんでくれたっていうのはほんとに嬉しいことですよね。
 これは…クンプーDISK2を見んといかんな。

・Wink upでも話していたこと。
 智くんとお仕事したひとが、楽しかったって言ってくれたり、またやりたいねって言ってくれたり。
 歌おにの監督さんの言葉とか。
 何よりそれを智くんが嬉しいって感じて前向きな気持ちを持ってくれるのがわたしはうれしい。
 「俺でよかったんだ」って、そう感じる智くんが…泣ける。
 よかったんだよ、いいんだよって
 何度も言ってあげたいよ(´;ω;`)
 わたしが言ってもしょうがないから、これからもそういう幸せな出会いが智くんにたくさんありますようにと願います。

・国立の涙。
 「狙いですか?」とか言っちゃうのは末っ子コンビですね。ですよね(笑)
 目に浮かぶわ!
 茶化せないのがキャスターとマイナスイオンですよね。

・辞めることばかり考えていたひとが10年経って立ったあの場所。
 大切な4人と、たくさんの支えてくれたひとたち。
 あの幸せな涙の話、照れくさそうにしたんだろうなあ。

・今まで仕事に対して腰の重いところが…あったんですなやっぱり(笑)
 それが「楽しい」に変わったなら、そんな智くんのお仕事をこれからも見せてもらえるなら、こんな幸せなことはないです。

・最近描き始めた絵。
 時間かかっても全然かまいません。
 見せる機会が作れたらいいって考えてくれてることが嬉しい!

・変わった智くん。
 でも、変わらない智くん。
 ガオーッ見ながら思います。
 楽しみだなあ、うれしいなあ。

・プライベートトークの「僕はありますよ!」にニヤニヤしております。
 男の子ですから。アラサーですから。

・写真にデレデレして、テキストにきゅんきゅんして。
 表紙の雑誌以外は切り取ってファイリングしちゃうんですけど、これはこのまま置いておこうかなと思います。
 CDやDVDの告知業務、というわけでない取材っていうのが嬉しいな。
 嬉しいです。
 ほんと、いい4ページでした。
 智くん、かっこいいです。
 ええどんだけ惚れ直させたら気が済むのかと。
 う~~、怖い怖いっ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。